幸せな食卓を目指して★ 少量レシピ

主人を喜ばせたくて日々研究。晩婚夫婦2人暮らしにちょうどいい 少量の料理レシピの記録です

豚肉シューマイ

最近は、シューマイが好きです。一口で柔らかくて、旨味がじゅわっと広がるアツアツに豚肉シューマイ。玉ねぎの甘さがとてもいい感じ。

 

レシピ 15個分

豚肉 180g

玉ねぎみじん切り 80g

酒、醤油、ごま油  各大1/2

片栗粉 大1

塩 小1/2

シューマイの皮 15枚

 

作り方

①豚ひき肉と調味料をボウルに入れて良くこねる。固いようなら酒を大1〜2追加し調整。粘りが出てくるまでしっかり練る。

②みじん切り玉ねぎを入れて均一に混ぜる。バットに広げて30等分に分け、皮に包んでいく。

③沸騰した蒸し器で10分蒸して完成。

 

広告を非表示にする

とりつくね 団子

つくねが好きです。甘辛いタレと食べたり、鍋に入れたり、スープにしたり。残りは冷凍できるので、忙しい時や、体調が悪い時の時短らくちんメニューにストックしています。

 

レシピ (ストック用なので多め)

鳥ひき肉  400〜450g

しょうがのすりおろし 大1

たまご 1こ

パン粉 大3

牛乳 大3

味噌 大1

塩胡椒 少々

 

作り方

①パン粉と牛乳をボウルに入れてふやかしておく。

②ひき肉、たまご、しょうが、味噌、塩胡椒を加え、ゴムベラでよく混ぜ、粘りが出るまでヘラで練っていく。

③一口大に丸めて、生地は完成。焼付くねや、なべや、スープに。

 

冷凍ストックにする場合

一口大に丸めて、ラップを敷いたバッドに等間隔に置く。ラップをかけて冷凍庫にいれ、凍ったらジップロックに。

広告を非表示にする

サーモスで作る 簡単 少量 甘酒

私は甘酒が好きです。子供の頃は冬の飲み物で、知名度もあまりなかったのですが、最近は夏も冷やし甘酒として飲んだり、売り場も拡大されたり、テレビで紹介されたのをきっかけに、ちょっとしたブームになっているようです。我が家ではおちょこ一杯の甘酒を毎日朝食に飲んでいます。炊飯器を使わずに魔法瓶で作る簡単少量レシピです。

f:id:nitaoy:20170514171354j:plain

レシピ  (サーモス500ml水筒分)

お米 1/4合 

麹 50g

※いつもみやここうじの麹を使っています

 

作り方

①炊飯器で1/4合をおかゆモードで炊く。

②炊けたら、50ml〜70mlの水を入れ混ぜる。温度を60〜65度くらいになるまで冷ます。

③麹を入れてよく混ぜ、サーモスに移して蓋をする。このとき58〜60度くらいになっていると良い。

④7時間〜10時間放置。2〜3時間ごとに、軽くシェイクし攪拌。

 

甘酒を甘くする成功のポイント

①.温度

麹菌が一番よく活動する温度は55〜60度。この温度が低いと、糖に変わらず甘くもないし美味しくもない甘酒になってしまいます。温度計でしっかり計るのがポイントだと、母に教わりました。麹を入れて混ぜると温度が下がるので、もし下がりすぎたら温めなおしましょう。

サーモスで7時間以上

発酵がうまく行くまでに最低でも7〜8時間程度必要です。その間温度が下がるようなら温め直しが必要です。幸いサーモスはものすごい保温力なので、温め直さずに放置でOKです。麹を入れたおかゆをサーモスに移す前に、あらかじめたっぷりの熱湯を入れて水筒内を温めておくと、冷めにくくなり、殺菌にもなって 良いです。

③攪拌

うまく糖化させるためには、攪拌して、発酵を均等にすことが必要です。水筒ごと軽くシェイクして上下を混ぜてあげるとムラなく発酵でき、甘くなります。このとき心配なら温度チェックもしてみてください。

 

 

わが家はヒノヒカリという品種の甘さの強いお米で作っています。ツヤツヤで甘くて美味しいお米です。玄米を混ぜてみたこともあります。ちなみに母は、甘みが強いという理由で、もち米で作ってみたりするそうです。それぞれの家庭でいろいろあって面白いなーと思います。

小籠包

私は小籠包が好きです。小籠包に限らず、餃子、肉まんなど、英語で言う "Dumpling"に値するものが大好きなのですが、小籠包は特にエンターテイメント性が好き!皮が破れないようにそっとつまむドキドキ、レンゲの上で皮を破ってスープ洪水を起こす興奮、モチっとした皮の食感と、ちゅるるっとスープと一緒に流れ込んでくる肉の旨味! 主人にも是非楽しんでもらおう!と家庭で作りました。 熱々なうちに、酢醤油に千切りの針生姜を添えて、召し上がれ。

 

まず、3つの下準備をします。

■スープのゼリー  

■皮

■あん

 

レシピ (2人分)

■スープのゼリー

水 35cc

ゼライス 2g

中華スープの素 小さじ1

①鍋に水と中華スープを入れて沸騰させる。火を止めゼライスを入れて溶かす。

②耐熱容器にいれて、冷やし固める。

 

■皮

小麦粉 30g

強力粉 30g

水 30g

①ボウルに全て入れて混ぜ、生地がまとまったら表面がなめらかになるまで捏ねる。

②ラップをして冷蔵庫で寝かす

 

■あん

豚ひき肉 100g

玉ねぎみじん切り 50g

醤油 小さじ1

酒 小さじ1

オイスターソース 小さじ1

ごま油 小さじ1

塩胡椒

①材料を全てボウルに入れ、ゴムベラで混ぜ、粘りが出るまで捏ねる。

②最初に作っておいたスープのゼリーをフォークで引っ掻き細かくして①に入れる。

③よく混ざったら、ラップをして冷蔵庫で30分寝かす。

 

 

下準備が全て出来たら、包んでいきます。

①皮を16等分にし、片栗粉を打ち粉に綿棒で丸く伸ばす。

②真ん中にあんをいれて、少しづつたたんでひだを作るように包む。

③最後に頂点をぎゅっとつまんでひねる。

 

クッキングペーパーの上に皮同士がくっつかないよう、隙間をあけて置く。

蒸気の上がった蒸し器で8分蒸す。

 

皮の作り方はこれと同じレシピです。

happykitchen.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする

ハンバーグ

私はハンバーグが好きです。柔らかくてジューシーなハンバーグが理想的な仕上がり。一度に4つ作って、2個は冷凍。解凍したハンバーグは、焼きチーズカレーハンバーグにして食べるのが好きです。

 

☆ハンバーグのレシピ (4つ分)

合挽き肉 300〜350g 

玉ねぎ 1/2コ

パン粉 1/2カップ

牛乳  1/2カップ

卵1個

塩 小1

コショウ 少々

ナツメグ 少々

 

ハンバーグ 成功のポイント

1: 手で捏ねない

2: 成形は丁寧に滑らかに

3: 焼く時はフライパンとトースター

 

作り方 

①玉ねぎはみじん切りにし耐熱容器に入れ、レンジで1分30秒加熱。粗熱をとる。

②ボウルに玉ねぎと肉以外のものをすべて入れよく混ぜる。

③挽肉と粗熱が取れた玉ねぎを加えゴムベラで混ぜる。

④全体が混ざったら、ゴムベラでタネ全体をよく捏ねる。

⑤少し粘り気が出てきたら、ラップをし冷蔵庫で1時間寝かす。

⑥冷蔵庫からタネを出し、4等分し、成形。

⑦強めの中火で両面を焼く。中まで火が通らなくてもOK。

⑧耐熱皿に取り、トースターで7分。

広告を非表示にする

ふわトロたこ焼き やまちゃん風

たこ焼きが好きです。大阪阿倍野のやまちゃん、美味しかったなぁ。最近はちょっと味が変わってきた気がしますが。たこ焼きミックスなんて買わなくても美味しいふわトロたこ焼きが作れるレシピです。ああ、おいしい。

 

やまちゃん たこ焼き 再現レシピ

(BRUNOのたこ焼きプレート24個にちょうどいい量です)

薄力粉 100g
氷水 400cc
卵 1個
だしの素 小さじ2
醤油 小さじ1
塩 ひとつまみ

全部混ぜて ザルで2回こして 冷蔵庫で3時間
具材はタコと紅生姜ミジン切りを適量

 

ポイントは3つ

1、氷水で混ぜること!なめらか生地になります!

2、醤油を入れること!香ばしくなります。

3、冷蔵庫で寝かせること!もちもちトロトロ生地になります!

茶碗蒸し

茶碗蒸しが好きです。なんだか疲れているとき、食べたら元気になります。私が使っている出汁パックは塩分も入っているので、味付けが楽です。混ぜて器に入れて蒸すだけで、とびきり美味しく仕上がります。それから、具はなんでも好きなものでいいと思いますが、お店だと銀杏は1個しかはいっていないので、わたしは2つ入れます。型抜きした野菜を入れることもあります。好きにアレンジできるのも家庭料理の楽しさだとおもいます。そんな小さな嬉しさが食卓に幸せを運ぶといいな。

 

 

茶碗蒸し レシピ(2人分)

たまご 1個

美味しいだし汁 180cc

 

作り方

①たまごをボウルに溶き、卵白を切るようによく混ぜます。

②だし汁を入れ更に混ぜます。時間があれば、茶漉しで漉します。

③ゆのみに好みの具をいれ②を静かに注ぎ入れます。表面の泡はとります。

④鍋に3cmくらい湯を張り沸騰したらゆのみを静かに置きます。

⑤蓋をして、中火7分弱火3分加熱

 

茶碗蒸しの具

具はお好みで、銀杏、カニカマ、かまぼこ、しいたけ、三つ葉、枝豆 など

美味しいだし汁がない人は、水+顆粒だしに、塩で味を調整。美味しいお吸い物を作る要領で。

 

 

なめらか!茶碗蒸し成功 3つのコツ

1.しっかり混ぜる

なめらか食感を生みます。余裕があれば、茶漉しでこして。

 

2.表面の泡を取り除く

泡があると、仕上りのみためが悪い上、亀裂の原因にもなります

 

3.火加減は中→弱

沸騰させすぎると茶碗蒸しに「す」ができ、食感が悪くなります。

 

 

 

広告を非表示にする

ワッフル

ワッフルが好きです。ホットケーキより好きかも。朝おきて、家にある材料でささっと作れる卵たっぷりのレシピです。シロップにディップして食べます。ワッフル自体は甘くないので食パン感覚で、サンドイッチにも。粉砂糖をかけたり、チョコソースをかけたり、小豆を載せたり。フレッシュなフルーツにも合います。フレンチクルーラーのようなふわっと軽い仕上がりのワッフルです。美味しいコーヒーを淹れて、音楽をかけて、土曜のブランチに。

 

ワッフル 2枚分

薄力粉 50g

ベーキングパウダー 3g

水 50cc

バター 20g

マヨネーズ 大さじ1

卵 1個

 

 

ハチミツレモンシロップ 2人分

ハチミツ 大さじ1

水 大さじ1

ポッカレモン お好みで

 

広告を非表示にする

分厚いホットケーキ

ホットケーキが好きです。いろんなタイプのホットケーキがありますが、あまり甘くなくて、ふわふわで、分厚くて、焼きたてはちょっとサクッとする。そんなパンケーキのレシピです。我が家は牛乳が常備されていないので、牛乳不要のレシピです。

 

 2〜3枚

薄力粉 100g

ベーキングパウダー 5g

卵 1個

砂糖 20g

マヨネーズ 大1

蜂蜜 小1/2

水 50cc

 

 

分厚いふわふわホットケーキを作るための3つのコツ

1:マヨネーズ

2:フライパンの余熱と濡れ布巾の時間

3:火加減 

 

 

 

①薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜておく

②卵、砂糖、マヨネーズ、蜂蜜をボウルに入れ混ぜる

③ ①を入れてさっくり混ぜる。水を加えさらに混ぜる

④フライパンをよく熱する。濡れ布巾に1秒のせる

⑤弱火にして生地を高いところから落とす

⑥蓋をして2分、裏返してさらに2分

1日寝かすそば粉のガレット

我が家はガレットが好きです。だけどこの辺りでは食べれるお店がないし、そもそもフレンチなので外食するととってもお高い!なのでお家で作っています。シードルは近所のライフというスーパーで売っているので、ガレットの日はシードルを買ってちょっとフレンチな気分を味わっています。

 

4枚分

そば粉 35g

小麦粉 50g
塩 小さじ1/8
砂糖 小さじ1
牛乳 150cc
卵 1個

溶かしバター 大さじ1

 

①そば粉、小麦粉、塩、砂糖に卵を割りいれ混ぜる

②牛乳を少しづつ入れて混ぜていく

③バターをいれて混ぜる

④ラップをして冷蔵庫で一晩寝かす

 

⑤熱したフライパンに、バターを薄くのばして生地を入れ丸くのばす。両面焼く。

 

2〜3日は冷蔵庫でOKなので、倍量で作ってもいいと思います。

また、焼いた生地を冷凍しておくと、食べたい時にすぐ食べれて便利です♪

さくさくセサミクッキー

さくさくとした、ゴマのクッキーです。卵もバターも使わず、生地を寝かせる必要もありません。少ない材料でとっても手軽に作れます。急な来客や、持ち寄りパーティにもぴったり。簡単なのに失敗もありません。主人曰く、ちょっと厚めのトーハトのハーベストみたいな感じで、とても懐かしい。とのこと。

f:id:nitaoy:20170307130639j:plain

レシピ

薄力粉 130g

ベーキングパウダー 1g

炒りごま 30g

砂糖 50g

牛乳 大さじ2

油 60ml

 

 

作り方

①薄力粉、ベーキングパウダー、炒りごま、砂糖をボウルにいれ軽く混ぜておく

②牛乳、油を加えて、ゴムベラで全体を混ぜる。重くなってきたら、底からすくうようにして、粉っぽさがなくなるまでさっくり混ぜる。

③10gずつくらいづつ丸め、オーブンシートの上におき、潰して直径5cmくらいに薄く広げる。

④180度で10分焼く。冷めたらクッキージャーにいれて。

食べる煮干しふりかけ

食べる煮干しが好きです。お気に入りの自家製ふりかけレシピのアレンジで、食べる煮干しを入れてみました。お魚丸ごとだからカルシウムたっぷり。これなら手軽にお魚を食べることができます。 電子レンジと耐熱容器だけでできるので洗い物も出ません。

 

 

レシピ

醤油 大さじ1

砂糖 大さじ1

みりん 大さじ1

食べる煮干し 15g

ちりめんじゃこ 15g

鰹節パック 2袋

いりごま 15g

 

 

作り方

①醤油、砂糖、みりんを耐熱容器に入れ、ラップなしで 1分加熱。

②煮干し、ちりめんじゃこ、鰹節パック、いりごまを入れて混ぜる。

③よく混ざったら完成。

焼売、餃子の皮

私は餃子が大好物です。皮にもちもち感のある厚めな皮が好きですが、主人は薄めな皮の方が好きです。ちょこっと食べたいときは必要な分だけ皮を作ってしまいます。 全く難しくないので、一度作り方を覚えてしまえば、思い立った時に作れてとても便利です。ワンタンスープや水餃子にしても美味しいですよー!

 

レシピ (餃子の皮8枚分)

薄力粉 30g

強力粉 30g

水 30g

片栗粉 適量   打ち粉として

 

作り方

①薄力粉、強力粉、水をボウルに入れてこねる。

②まとまったらラップをして10分くらい寝かし、8等分 にして丸める。 

③片栗粉をひいたまな板に生地を置き、綿棒で好みの厚さに丸く伸ばす。

 

食べたい量だけ作れるのが良いところです! 余った皮があれば、中華だしをつかって簡単なワンタンスープに。

薄力粉:強力粉:水 は、1:1:1なので、分量も覚えやすいです。

広告を非表示にする

低温発酵プチパン

わたしはパンが好きです。焼きたてパンがある週末のブランチは幸せです。 一晩冷蔵庫で寝かせ、低温発酵をすることで、しっかり膨らみ、小麦の美味しさも感じる プチパンのレシピです。 今のところ失敗知らず。何度作ってもパンが膨らまないよー!と訴える友人に教えたところ、びっくりするくらいふくらんだよー!と言っていました。 

f:id:nitaoy:20170129221743j:plain

レシピ

強力粉 230g (100g、50g、80g)

イースト 3g

砂糖 10g

塩 4g

ぬるま湯 150ml

常温のバター 10g

 

 

作り方 (前日)

①ボウルに強力粉を100g、イースト、砂糖、塩を入れる。

②ぬるま湯を入れて、菜箸で混ぜる。粉っぽさがなくなったら、そこから1分くらいこねる。

③強力粉50gを加えて、菜箸で混ぜる。粉っぽさがなくなったら、そこから1分必死にこねる。重くなるが頑張る。

④強力粉80gを加えて、手でこねる。粉っぽさがなくなったら、バターをいれ、そこから5分くらいまな板の上でこねる。

⑤丸めてボウルに入れ、ラップをして冷蔵庫へ入れる。  一晩眠る (8時間以上)

 

作り方 (翌日)

⑥冷蔵庫から出して、2倍くらいにふくらんでいるので、潰してガス抜き。

⑦8等分して丸め、天板に乗せる。絞った濡れ布巾をかけて、1時間放置。

⑧茶漉しで強力粉をかけ、よく切れる包丁かカミソリでクープを入れて190度で15分焼く。

 

 

ポイント

粉を分けて入れることでよく混ざり失敗を防ぎます。翌日は、起きてすぐ天板にのせて布巾をかけるまで作業し、サラダ、スープ、オムレツなど作ると、ちょうど1時間経ちます。天気がいい日はそのまま1時間お散歩に行くのも気持ちがいいです。

広告を非表示にする

えのきでなめたけ

わたしはなめたけが嫌いでした。妙に酸っぱくて、美味しいと思えませんでした。ところが主人はなめたけが好きなので時々食卓に出します。美味しいなめたけがあれば、一緒に食べれるのになぁと思い、自分で作りました。おかげでやっと美味しさに気がつき、今では大好きになりました。

 

 

レシピ

えのき 1パック 

醤油 大さじ3

みりん 大さじ3

 

作り方

①えのきは石づきを取り、適当なサイズにカットする。

②鍋に醤油、みりん、えのきを入れ中火にかけ、混ぜる。

③泡だつけれど大丈夫。3分加熱したら火を止め、蓋をして10分放置。

④冷めたら、なめたけの空き瓶に入れて冷蔵庫で保存。

 

ポイント

えのきは一般的なサイズのものです。時々大きいパックのものがありますが、その際は醤油とみりんを同量づつ増やしてください。出来立てはシャキシャキな食感が美味しいですが、主人は4、5日たって味が馴染んできた頃の方が好きみたいです。

 

広告を非表示にする